スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | ↑TOP
オックステール



先日、イタリア料理教室で習ったローマの下町風オックステール煮込です。

テールというとしつこそうなイメージですが、これはあっさりで2回目の挑戦です。
たっぷりのセロリを使っているのがポイントです。
普通、セロリってくせのあるお野菜ですが、この香りがテールのしつこさを緩和してくれるのです。だから、食べる時もあの独特の香りはしませんよ。

ただ、難点は煮込みにかかる時間です。ワザは必要ないのですが、まずテールを3時間煮込んでやわらかくして、それから香味野菜とコトコト3時間近く煮込みます。
だから、食べる時はトロトロです。
うま味が濃縮されたソースにパスタをからめていただきます。
圧力鍋があればあっ!という間にできるのに。給付金で買おうかしら。

扇矢の奥様、先日からテール、テールと騒いでましたがこのように食べてますわ。
またいいのが入ったら、教えてね。
| 家ごはん | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
イタリアの野菜でお料理
しばらくさぼっている間に、もう今日は2月冷や汗
はやーい!今月は私と息子の誕生月、おまけに広島のばあちゃんも。
また年をとるのね、いやだわ。





かなり前に「チヨちゃんの野菜」で買ったカステルフランコです。
きれいでしょう?バラの花みたいでしょう。こういう形になかなかならなかったらしいのですが、とても美しくできたのでパチリ!そして、その晩の私のおなかにするりん!





これは、先週作ったトレビーゾのクレープ包みです。






パンツェッタとトレビーゾを炒めてクレープで包んでゴルゴンゾーラのソースをかけてオーブンで焼きました。
濃厚なソースがお野菜の苦味をマイルドにしておいしゅうございました。

以前どなたかのブログで拝見したお料理でしたが、たまたまうちの子がクレープを食べたい、と言ったので作りました。そうじゃないとさすがの私もたいぎーわ(広島弁)。
| 家ごはん | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
カキフライ
今日は日本中寒いようですね。六甲山も白くなってました。
昨日は4年ぶりにカキを食べました。
以下、長文になります。
4年前は熊本に住んでまして、年末は神戸、新年は広島の里、そして熊本に帰る、というスケジュールで冬休みを過ごしてました。
そして年末、神戸に帰ってきたら熱を出して寝込みました。が、大みそかは劇団四季の「マンマミーア」を観る予定でしたので、気合で熱を下げて観劇に出かけました。
ランチは劇場の階下のオイスターバーを予約していたので、キャンセルすればいいものを食い意地が張っている私、少しなら大丈夫よね、と食べたのです。メニューにも体調の悪い方はお控えください、と書いてあるにもかかわらずにですよ。
そしたら案の定、ショーのフィナーレのアバのメドレーでノリノリの時に気持ち悪くなってきて、トイレにゴージョギング
ショーの最中でトイレががらすきでよかったですよ、本当に。
そして、新年に広島で友達とごはんを食べたときに、カキフライをつまんだら、帰りのタクシーから気持ち悪くなり家に着くなりトイレにゴージョギング
一度カキにあたるともう食べられなくなる、というじゃないですか。
でもね、カキフライ大好きなんですよ私、だって広島の女ですもん。
そして、満を持して昨夜再トライ!
結果、無事でした楽しい
よかった!これでまたカキフライが食べられるわ。

今日からうちの実家の両親と妹はイタリアに旅立ちました。私だけおいてきぼりです。
以前、南イタリアと北イタリアの時は同行させてもらえたけど、なぜか中部イタリアの時だけは前回も今回も同行できてないのよね。まあ、主婦だし昨夏チェコに行ったしパートもあるしお金もないし夫もいい顔しないし、と特に未練たらたらというわけではありませんが、やっぱりイタリアラブの私、近いうちに行きたいなあ。
妹が送ってくる画像を今度アップしますね。
| 家ごはん | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
あけましておめでとうございます。
新年明けましておめでとうございます。
年末年始を実家の広島で過ごし、先ほど神戸に戻ってきました。
今年もさらに食べる!ことを追及しつつ、ダイエットもまじめに取り組んでいこうと思ってます。

さあ、我が家の新年会を少し紹介しましょう。

アンティパストミスト





カニみそのカナッペ、イチジクのコンポート、ライムとジンジャーのジャム(オーダーメイドで作ってもらいました)をスモークチーズに添えて、スモークサーモン、フルーツケーキ
すべてワインにぴったりの前菜でした。あとは酢の物を小鉢に盛ったものや数の子の酒粕漬けです。さすが酒飲みの我が家(爆)

メインディッシュ





牛ラムシンのワイン煮やつくねや鴨のパイや(書くのが面倒臭くなってきた)いろいろたくさん。

デザート





苺のショートケーキ、私の作品。
ふつーのケーキではありません。直径30センチ以上はゆうにある巨大なケーキです。
デコをしていて途中でうんざりしたほどです。クリームを塗っても塗ってもスポンジ生地が隠れないんだもん。

叔父家族と祖母、我が家の11名で大宴会をしました。ワインの空瓶がごろごろでしたが、今年はまだ叔父家族は飲みが少なかったかも。(彼らは昼に日本酒1升飲んだらしい。)
皆が帰った後、食後酒にギリシャのお酒、メタクサを飲みダウン!
年末から飲み続けた私、さすがに2日の日は休肝日飲みたくありませんでした。
今日から当分酒だちします。だって、1週間で2.3キロも太ったんだもん。こえー^_^;



| 家ごはん | 17:11 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
桜エビ
静岡に転勤になった、めぐごんから桜エビが届きました。





昨夜はあっさりと塩ポン酢でいただき、今日のランチは桜エビでパスタを作りました。
玉ねぎをじっくりいためて甘みを引き出して、そこに桜エビの釜揚げを入れて、さっと混ぜて出来上がりです。上にトッピングしてるのは青のりではありませんよ。パセリです。
昨晩からいったい何匹の桜エビを食べたんだろうか、と想像すると怖くなりました。
いかなごの時期にもこういうことを考えるなあ。でも、おいしかったです。
ごちそうさまでした。





デザートはパイ生地の残りで、アップルタルトをササッと作りました。
先日、グラニースミスという外国ではよくアップルパイに使われている品種をお取り寄せしました。このリンゴをパイ生地の上にスライスして、グラニュー糖を振って焼いただけの簡単なタルトです。これが意外とおいしかった。このりんごもパイ用に砂糖ですでに炊いたのですが、シャリッとした歯ごたえで、加工しなくてもこのまま生のままパイに使ってもよかったかも。
残念しょんぼり
| 家ごはん | 20:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
またまたパーラローザでお料理 
しょんぼり


昨日は息子の運動会で、ちょっと浮かれて夜遊びしてきました。おかげで今朝は二日酔いでしたしょんぼり





さて先日買ったパーラローザがまだたくさんあるので、今夜はロールキャベツをつくりました。こちらもおいしい!
肉厚の葉ですが、キャベツほどではないので下ゆでせずにそのままお肉をまきました。
お手軽だわ。





パーラローザの色がソースにでているのか、いつもよりもソースの色が赤いような気がします。そして、ソースがほんの少しほろ苦い。思った通り、ほろ苦い味に仕上がりましたね。本当は赤ワインを合わせたかったけど、さすがに今日はやめときます。


まだまだ、パーラローザを使ったメニューは考え中です。実は夕べも試作を食べたのですが楽しい

こんどは和食に挑戦します。
| 家ごはん | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
パーラローザでラザニア
今日は「チヨちゃんの野菜」が六甲に来る日でした。9月はタイミングがあわずに全然岡野さん(生産者)にお会いできませんでした。が、先日の「カマンベール」さんのイベントでお会いして、今日こそは行きますよ!と約束をしました。
差し入れのガトーショコラを携えお買いものに、Let's goジョギング




義母が栗の渋皮煮をくれたので、ケーキに入れたのですが、入れなかった方がよかったかも汗





今日も素晴らしくBigな子を分けていただきました。写真撮っておいてよ、とケースケさん(ご主人)に言われたのでアップします。
最高の巻きですね。





今夜は、この子をラザニアにいれたらおいしいはず!と思いミートソースを昨日から仕込んでます。





我が家はカリカリが好きなので、一番上にパスタ生地がのってます。フツーはホワイトソースが一番上なんですがね。





ウマウマーでした。このお野菜はかなーり苦いのですが、全然感じません。うちの息子も「苦い!」と言いながらぺろり!と完食しましたから、その程度の苦味です。

明日はロールキャベツをパーラローザで作る予定です。多分、大人味のロールキャベツになるのではないでしょうか。赤ワイン買いに行こうかなウィンク
| 家ごはん | 22:41 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
らっきょう



今年もやってきました。らっきょうを漬ける季節が。
実は私は数年前までらっきょうが大嫌いでした。カレーの時には必ずテーブルに準備されていて、臭くてたまりませんでした。
漬物もあまり好きではありません。(奈良漬は除く)実家の母は漬物、梅干しなんでも漬けるものは得意です。だから、うちの夫のためにいつも少量送ってもらっていました。
ある年ビールのおつまみがなかったので、恐る恐る食べてみると、美味ではあーりませんかときめきなんで今まで食べなかったのか、悔やまれましたね。
というわけで、母からおそわったレシピで毎年漬けてます。





ところが今年間違って、すでに塩漬けしてあるらっきょうを買ってしまい、なんか手前の瓶の液が白濁してきたのです。腐ることはない、と思いますが、念のために今日、再びつけなおしました。(でかい瓶のほう)もしうまく漬かれば、今年は4キロのらっきょうが出来上がる予定です。楽しみおはな
| 家ごはん | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
キノコのキッシュ



今夜のごはんは、先日アルベロ・イタリア料理教室で習った、キッシュを作りました。
具材はキノコです。プチトマトの赤があれば、彩もよかったかもしれませんね。





とっても、おいしかったと夫にも好評でしたグッド
昨日、熱をだした息子はお粥を夕べ食べてから、お粥ブームがきたみたいで、元気なくせに、お粥をリクエストです。お粥サイコーですってポロリ
アツアツのキッシュ食べてよー!!


| 家ごはん | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
タケノコの炊き込みごはん



実家からタケノコがたくさん届きました。うちの田舎の山に生えるタケノコは絶品です。朝とったものをすぐに炊いて送ってくれます。ママありがとう楽しいうちの料理研究家(自称)のママは今年の新レシピを電話をかけてくるたびに、作ったか?作ったか?と聞くのでアップすることにします。





干し貝柱と干しエビと干ししいたけを入れて中華ちまきみたいに焚いて、ご飯の中に焼き豚とタケノコを甘辛く味付けたあんこをいれてます。





upこれがあんこね。今回で作ったのは2回目です。残りのタケノコはイタリアンに変身させよう。
実家にいたときはいつも冷蔵庫に土佐煮があって、もういらん、て感じでしたが、いま広島を離れて暮らし、我が家のタケノコが絶品であると、再認識しました。
| 家ごはん | 20:41 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE